日にち柱の干合・夫婦の合 樹木希林さんと内田裕也さん

人生色々、石橋ゆうこが、その意外な理由や共通点を楽しく解説!

「日柱の干合 夫婦の合」

樹木希林さんと内田裕也さん

 

こんにちは!

失敗させない四柱推命鑑定師・石橋ゆうこです。

四柱推命の世界へようこそ!

名女優・樹木希林さんが、鬼籍にお入りになってしまいました。。

彼女の出演シーンは、語らずとも座っているだけで画面は締まり、存在感がありました。

それだけ深い演技ができるということは、多くのご苦労や経験がおありだったからと思います。

しかし、なぜか悲壮感はなく一凛の風のような笑顔が魅力です。

人は、表情に人生とその受け流し方が、現れる。。そう思います。

 

さて。。約30年間、別居を続けながらも夫婦としてあり続けた、樹木希林さんと内田裕也さん。

「全てが好きです。もし、生まれ変わったらもう内田とは会いたくない」と語ったと言われますが希林さんのお気持ち少しわかります。。

また、こんな男だけれどぞっこん好きになってしまう、から。。ですよね?

女心が可愛い方です。

 

お二人の相性はどのようなものだったのでしょう?

お二人の生まれた日にち柱の十干が干合しています。

希林さんは、「癸(みずのと)」、裕也さんは、「戊(つちのえ)」。

この関係を「干合」と呼びます。

日柱の干合は夫婦の合と呼ばれており、磁石のように引き合って一度くっつくとなかなか離れることがない、と言われています。

「癸」は水の陰、ミストのようなつかみどころがなくしなやかです。

水面下で動くという意味があり、策略家でもあります。

「戊」は土の陽、どっしりとした大きな山です。

親分肌、言い出したら聞きません。

ですから、お二人は、大きな山とそこ優しくかかる霧のような関係となります。

お互いが、陰と陽で引き合い、磁石のように結び付き、切っても切れない間柄となるのです。

上の図をご覧ください。

癸と戊を見比べると丁度、真反対側にありますね?

これが磁石の意味なんです。

ある意味正反対なのですが、なぜか引き合ってしまうのです。

なぜかって?

それは磁石だからです。

地球も大きな磁場によって引き合っているでしょう?

プラスとマイナス。。陽と陰...全ては、引き合って均衡を保っています。

 

癸と戊、 甲と己、 乙と庚、 丙と辛、 丁と壬

上記の五種類があります。

出会う確率は100分の1ですから、1%ですね?

もし出会えたならば、大切な友人としてお付き合いなさると良いと思います。

まー不倫関係の場合は、なかなか切れなくなってしまうので、あまりのめりこまないことをお勧めいたします。(笑)

人生のご褒美を頂いたと思って、楽しく付き合いすることにとどめましょうね。

(^_-)-☆

さて、この日柱の干合があるカップルは別れてもまた、何かしらのきっかけで付き合いが始まったㇼ、町でばったり出会ったり、引き寄せがあるんです。

別れた恋人のよりが戻った。。にとどまらず、別れたご夫婦で再び籍を入れたという例もあります。

不思議な縁があるんですね。

ご先祖からの縁(えにし)とも言われています。

 

希林さんのご冥福をおいのりいたします。

芸能人・スポーツ選手・政治家など成功しているかに見える人たちも、

彗星のごとく現れたと思ったら、消えてしまったり。。。努力の末にやっと夢を手にしたり。。人生色々とはいうものの、似たような生きざまを見せる人は、四柱推命的に見ると、意外な星並びの共通点が多いものなんです。

これからも、そんな不思議を紐解いてまいりますね。

 

人は、宇宙のパワー(波動)によって生かされているんだということを少しでも気づき明日への希望や勇気につなげて頂けたらと思います。

 

皆様もご自分の生まれ持った星を知り、このコラムをより良い人生を送るヒントとしてご活用くだされば嬉しいです。

また、次回をお楽しみにね(^_-)-☆