コロナワクチン接種について(四柱推命)

こんにちは。

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

日々の出来事に四柱推命を通じて勝手につぶやいております。

本日もお付き合いくださいませ。。。(#^.^#)

 

昨日は夏至でした。

一年の内で昼が一番長いとされる日です。

太陽が黄道上で最も北にある夏至位置を通過する日となり、北半球では、昼が長く、南半球では、夜が長くなるのです。

太陽は真上からさす形となりますね。

下図をご参考になさってください。

夏至は、二十四節季のひとつで、四柱推命の根本理論です。

太陽の日照時間により生き物の生態が変わることに目を付けてその営みを探っていったのが、四柱推命の始まりです。

二十四節季は、暦を持たない動植物たちの生きる目安です。

もちろん人間も生き物ですから、太陽の恵みの下に活かされているわけです。

さて。。ワクチン接種が進んでいます。

 

と同時に、ワクチンに対する思惑が盛んに言われています。

 

政府は何かを捜査している。。

誰かが大もうけをしようとして真実を隠している。。

といった強硬意見から。

人体、肝臓に有害である。

遺伝子が操作される。。

などと言ったものまで。

 

私のもとへも善意のいろいろな方からお知らせをいただきます。

 

または、デマを飛ばしているのは中国やロシアの陰謀だ。。という話も聞こえてきます。

 

お知らせくださる方には感謝をしております。

確かに未知のものですから、何が真実なのかはわかりません。

 

人は不安になると何かに頼ろうとします。

真実がわからないからです。

例えば、関東大震災の後にもデマが横行しました。

 

言えることはただ一つ。

何が真実なのかは、自分で決めなければいけません。

ワクチンを受けようが受けまいがその人の判断であると言えなければなりません。

 

人間の弱さ。。

いえ、誠実さ。。が問われているのです。

 

私は、ワクチンはありがたいものと思っています。

この地球上全てを取り巻いた恐慌を救う物のはもはやワクチンしかないと思うほどですから。

 

コロナワクチンの発明者・カタリン・カリコ氏について。

ハンガリーの生物学者。

mRNAの研究を続け、受け入れられることなく助成金を打ち切られてアメリカにわたり活路を見出そうとしました。

しかし40年にわたる苦節の日々を送り、その後、今回のコロナワクチン開発のカギとなった方です。

 

カリコ氏ってどんな人なんでしょうね。

みてみましょう。

1955・1・17生まれ

年: 偏官 帝王 偏印

月: 印綬  養 敗財

日:     長生 偏官

大運:食神  病 食神(2022年)

年運:偏財 長生 偏官(2022年)

 

あー思っていた通りの人だ。。。

というのが四柱を見ての第一印象。

 

多分、財なしだろうなー

で、偏印かな、印綬かな。。があって。

物凄く頑固だから、偏官と比肩。。否。。劫財。。

人助けに捧げる力は、敗財かな。。

 

なんて思って見立てを付けていましたので(#^.^#)

ほぼその通りが出て驚きました。

 

自分の信じる道をひたすら信じて突き進む。

ご自分の研究には自信を持っています。

(偏印・印綬・帝旺)

そして、最後には認められる。。

(偏官・長生)

といった流れになっています。

 

特に来年(2022年)は、非常に素晴らしい年となります。

大運が来年から食神に変わり、年運は偏財

 

大変な人気が出て、極光を浴びます。

ワクチン成果でしょうね。

 

ただ、心配なのが72歳から。

ご自身の体調不良でしょうか。。

気を付けてください。

 

ワクチンを推奨している山中伸弥先生の運気も見てみましょう。

wikipediaより

1962・9・4生まれ

年:印綬 帝王 劫財

月:正財  胎  正官

日:    沐浴  食神

(日柱:乙巳きのとみ

 

カリコ氏と同じ印綬比肩(劫財・敗財)をお持ちです。

自分の信念のために粘り強くぶれずに進んでいける人。

人の言うことは聞きません。

 

山中先生は、印綬・帝旺。(正統派の研究者)

カリコ氏は、偏印・帝旺。(角度の違った面からの研究者)

 

山中先生に戻りましょう。

頭が良い。(印綬・帝旺)

 

正財が正面にありますから、優しく誠実で穏やかにふるまいます。

とても紳士ですね。(#^.^#)

 

乙巳の人は、器用です。

 

非常に粘り強く、内面は頑固です。

 

その柔らかさと強さのバランスが良い。

人格者とお見受けします。

 

気になるのは3年後。

体調でしょうか。。。?

何かと闘うとか。。。離反するとか。。。

気になります。

 

ともあれ、お二人ともに研究者としての道を歩く宿命をお待ちでこの世に生まれてきています。

ワクチンについては、国際社会の縮図が見え隠れしようとも発明者には感謝しかありません。

人間の英知と探求心は素晴らしいもので、陽の目を見るためにいかなる努力がなされてきたかを思うと頭が下がります。

 

コロナの終息のために、ワクチンは不可欠。

同時に飲み薬がなぜもっと出てこないのか。。これ不思議です。

特効薬が待たれますね。

URANAi LiVE

6月15日より、新しいネット相談を開始いたしました。

ZOOMによりチャット、または音声でお話ができます。

よろしくお願いいたします。

https://www.ulive.jp/fortune_teller/80

URANAi LiVE | 占い師詳細リンクwww.ulive.jp
————————-

コロナの終息もいまだ見えない中、先の見えない時代です。

全ての方が、ご自分の天徳を知って羽ばたいていただきたいです。

 

💛  💛  💛  💛  

四柱推命は、「占い」というジャンルに入っていますが、きちんとした理論にもとづく「命学」という学問になります。

統計により未来を予測するというのは「AI」と同じです。

2000年以上かけて編み出されたAI運勢学と言えばわかりやすいかな?

 

ですからいわゆる「占う」というものではありません。

だって、AIを占いとは言わないでしょう?

根本となるものは「陰陽五行論」。

この理論は、東洋のあらゆる思想のバックグラウンドとなり、医学、薬学、哲学、武道、思想、命学などありとあらゆるものに用いられています。

人は生まれた時にその時の陰陽五行を波動として、吸い込み体に宿しそれを一生持っていきます。

それが性格や体調になって現れ、人生を作っていくといった、四柱推命理論が生み出されたのです。

これは陰陽の球です。

太極図とも言います。

陰と陽はプラスとマイナスとも考えられます。

この世に陰陽が生まれたことから、すべてが始まったと考えられています。

全ては陰と陽の繰り返し。

 

また、人の体に流れる陰陽・五行はみな違います。

その違いを観ていくのが四柱推命です。

その違いから相性も生まれます。

物理や化学がお好きな方ほど、四柱推命は、とても面白く興味深い学問だと納得なさるはずです。

 💛  💛  💛  💛  💛

新規四柱推命教室・基礎講座20期生は6月、開始いたします。

ZOOM開催といたします。

ご興味ある方は、下記の「鑑定予約」欄から、またはメールにてお問い合わせくださいませ。

鑑定予約 https://shichusuimei.jp/reserve/

地方からの参加者の方も増えております。

(ZOOM講座の様子です)

まだ、ZOOMをなさっていない方もこの機に始めてみましょう!!(^^)!

ご遠方の方もZOOMでのご参加を歓迎いたします!

東洋思想である陰陽五行論を腑に落とすことにより、心に平安が訪れ、不思議と運気も上がります(*^^)v

四柱推命を学んでみたい方はご覧くださいね。

https://shichusuimei.jp/2019/09/24/%e4%bb%a4%e5%92%8c%e5%85%83%e5%b9%b4%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%9c%88%e9%96%8b%e5%a7%8b%e3%80%80%e5%9b%9b%e6%9f%b1%e6%8e%a8%e5%91%bd%e6%95%99%e5%ae%a4%e3%81%ae%e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85/

いずれも少人数、6~8名前後の教室です。

一度受けた講座の再受講は無料です。

二度聞くととても分かりやすく腑に落ちるとご好評を頂いております。

講座受講をご希望の方は、「鑑定予約」からお知らせくださいね。

 

  🌸  🌸  🌸  🌸  🌸

ツイッターに「本日、天徳の日の方教えちゃいます」と毎朝つぶやいております。

ご自分の天徳の日を知りたい方は、フォローしてくださいませ。(*^^)v

@ny_ishibashi  まで。。

  🌸  🌸  🌸  🌸  🌸

 

ご自分の人生の波を知っておくことは大切な事と思います。

その波をつかんで上手な波乗りをして頂きたいのです。

 

ご相談のある方は、私のホームページ 「四柱推命・石橋ゆうこ」 http://shichusuimei.jp

鑑定予約 https://shichusuimei.jp/reserve/

からメッセージをお送りくださいね。

 

ただいま、ZOOMでもご相談を承っております。

下記のメールアドレスに直接お申し込みを頂くことも可能です。

対面、電話、メール、ZOOM、Skypeで承っております。

ny.bashi@nifty.com

  撮影:藤谷勝志  http://studio-flower.co.jp

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です