1月24日は土用の丑の日。(四柱推命)

こんにちは。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

寒いですねー❅❅❅

寒い日は、おうちが一番ニャ。

大雪に見舞われている地域の皆様、いかがお過ごしでしょうか?

それもそのはず、

本日、1月24日は、冬の土用の丑の日。

 

今日は、丑の日のお話をしましょうね。

丑は、土の陰に当たります。
土は、季節の変わり目を示し、土用と言われています。

土用の陰の月は、7月と1月にあります。
え?土用の丑って?
あの鰻の日?

って思ったあなた。
そうその通りです。
あの鰻の日の冬バージョン。
実は、土用の丑の日は、7月と1月にあるのです。

どちらも、7月は夏から秋へと、1月は冬から春への季節の変わり目にあたります。

ですから、体調を崩しやすい月となり、その中でも最も体調が崩れやすい日が土用の丑の日。
つまり今日なのね。(;^_^A


鰻の日にゃ。。(=^・^=)~

中国では、8月に滋養強壮のために蛇を食べる習慣があり、それが日本に伝わって鰻になったとか。。。
平賀源内がそれを知っていたのか、わからんけれど。
(多分知ってたわね。。)

でね、今年は、1月24日がその丑の日。
さらに、今年は丑が三並びなんです。

1月はまだ、昨年の丑年が残り、丑月で丑日。
丑年、丑月、丑日で三並び。🐄🐄🐄。。

丑は陰陽五行で考えると、土の陰。
時刻で言うと午前2時。
真夜中のお化けが出そうな時間帯~👻

陰が極まっているわけです。

その丑の三並びが今日。
だからかなあ。。。このところめちゃくちゃ寒くって。
今日はひとしお寒い。。。ブルブル

体調も崩しやすいですが。。
コロナの蔓延も心配ですね。
私は、ピークは今週いっぱいかとみています。

2月の立春からは寅年寅月に変わります。
立春から運気は新年度入りするのです。

寅二並びはそれなりに荒れますが、陰が極まる丑は消えていきます。

本当にコロナが落ち着くのは立春以降でしょうか。。
もう少しの辛抱ですね。

注:丑には牛といった動物の意味はありません。
陰陽五行論では、丑は「土の陰」を指しています。


寒い時は丸まるニャン(=^・^=)~

陰陽五行論は、3000年の歴史があり、太陽と人間とのかかわりを表しています。
人に限らず、すべての動植物は太陽の恵みを受けて日々の営みを続けています。

それを紐解いているのが四柱推命です。

四柱推命は宗教でも単なる占いでもありません。
陰陽五行論から成り立つ運勢学なんですよ。

❅   ⛄   ❅   ⛄

ご自分の運気の波を知り、よりよく人生を生きていきたい方は、

私のホームページ 「四柱推命・石橋ゆうこ」 http://shichusuimei.jp
からお申し込みくださいね。

鑑定予約

https://shichusuimei.jp/reserve/

ホームページをリニューアルしております。

プライバシーポリシーなどをきちんと整えて、より安心してご利用していただけるようになりました。
ぜひのぞいてみて下さいね。

鑑定方法や料金体系は変更はありません。

(石橋友子のホームページもこちらからどうぞ!)

 

💛   💛   💛

私の著書「成功をつかむ最強の法則」。

ご自分の人生の波を知っておくことは大切な事と思います。
人生には波があります。
全ては、波の連続です
その波をつかんで上手な波乗りをして頂きたいのです。

文末にこの先10年分の干支表をつけております。
ご自分の天徳年、天徳月、天徳日を知ることができます。

手っ取り早くご自分の天徳を知りたい方は、本をお買い求めくださいね。

「成功をつかむ最強の法則」

四柱推命で導く天徳の力

石橋ゆうこ著 1430円

https://www.amazon.co.jp/dp/4881442570/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_HDDA9CK065GP373ZYGJR

鑑定予約

https://shichusuimei.jp/reserve/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。